地味弁当 -男子学生弁当-

地味・映えない・加工しない。お弁当のリアルがここにあります

おうちごはん

【 横濱舶来亭カレーフレーク】 BLACK辛口 うちのカレーはこれに決まった!

投稿日:2017年11月5日 更新日:

 

長らく「自分好みのカレー探しの旅」をしてきました。

 

いろいろなメーカーのカレールーを使ったり、それらをかけ合わせてみたり、カレー粉から作ってみたり。

Cpicon 簡単!美味しい♪一生ものの手作りカレー by kotoringo*

 

私はこの手作りカレーの味が大好きなのだけど・・・

 

トート
美味しいけど、いつもいつもこれじゃ嫌だ

 

と息子。

 

とにかくカレーが大好きなので、気に入った味のカレーだけを食べ続けたい人なのです。

 

コトリ
じゃぁトートが気に入った、これを毎回食べ続けたいっていうカレーは何?

 

トート
ジャワカレーの辛口!

 

 

うーん、ジャワカレーは美味しいのだけど、いつも食べるのには飽きるというか、重いというか。そもそも私の胃にはもう市販のカレールーが重くて。

 

それでも息子が食べたいというので仕方なく作っていましたが、私は食べないし作るのも楽しくないし。

 

それから、以前はこってやっていた頃もありましたが、今の気持ちはスパイスをあれこれ調合したり、隠し味をあれこれ入れるカレー作りはもういいかなと。

 

ということで、「①市販のルーで ②息子が喜んで ③私も美味しく食べられる」というカレー粉をあれこれ探してきました。

 

そしてやっと、【横濱舶来亭カレーフレーク BLACK辛口】にたどり着きました。

 

横濱舶来亭カレーフレーク BLACK辛口で作ったカレーを一口食べた息子、

 

トート
旨いね!

 

この人からそうそうこの言葉は出ません。それほど横濱舶来亭カレーフレーク BLACK辛口を気に入ったということ。

 

唯一心配なのは辛さでしたが、普段そんなに辛いものを食べなれていない高校二年生男子でも食べられました。汗はダラダラ・水をゴクゴク、でしたが。

 

横濱舶来亭カレーフレーク BLACK辛口はそのまま作っても十分美味しいのでしょうが、せっかくだからひと手間かけたいところ。

 

私なりのこだわりの作り方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

横濱舶来亭カレーフレーク BLACK辛口の作り方

こだわりの作り方と言ってもたいしたことをしているわけではありません。私がこだわったのはたったこの2つ。

☑ あめ色玉ねぎを使ってコクを出す

☑ 骨付き肉を使って旨みを出す

 

まずあめ色玉ねぎですが、普通に作ると1時間はかかる「手間のかかる代名詞」。だけど白崎茶会のレシピで作る炒め玉ねぎならとっても簡単♪

 

私はいつも、夕飯にカレーを作る日の朝、お弁当・朝食・炒め玉ねぎ作りを同時進行しています。

 

白崎茶会の炒め玉ねぎは、炒めている時間よりも放置しておく時間の方が長いので、むしろつきっきりで作る必要がないのです。

 

チャチャッと炒めたら放置、その間はお弁当を作り、またチャチャッと炒めたら朝食を作り・・・でいつの間にか出来上がっているという!

 

そしてお肉ですが、最初は牛肉で作ってみたところ、旨みはすごいけれど私の胃には少々重くて(;´∀`)

 

部位を変えたり煮込み時間を変えたりすればいいのかもしれませんが、そもそも牛肉があまり好きではないので・・・

 

そこで骨付きの鶏肉(手羽元やぶつ切り)を最初に油で炒め、煮込んで火を止め冷めたところで骨から肉をはずします。

 

はずさなくてもいいのですが、トートが骨付き肉が好きではないというか、面倒くさがるので。

 

確かに、フライドチキンなどならまだしも、カレーの中に骨付き肉が入ってるって食べにくいかも。

 

でも骨付き肉から出る美味しい旨みは捨てがたい!ということでこのひと手間をかけているわけです。

 

ということで、私が作っているこだわりの横濱舶来亭 カレーフレーク BLACK辛口レシピはこちら。

 



 

<材料>
白崎茶会の炒め玉ねぎ
・人参 1本
エバラ 横濱舶来亭 カレーフレーク BLACK辛口 1袋

 

<作り方>
① 肉を炒める
② 人参も入れて炒める
③ 袋の裏に書いてある量を参考に水と、炒め玉ねぎを入れ煮込む
④ 冷めたら骨から肉をはずし、カレー粉を入れて煮込む

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ 

横濱舶来亭カレーフレーク中辛では残念ながら物足りない

BLAK辛口は辛口カレー好きのレビュー評価も高いのですが、スーパーで見かけることがあまりありません。

 

少なくとも私が行くいくつかのスーパーには置いていませんでした。

 

同じ舶来亭シリーズでもよく見かけるのはこちらのタイプ。

 

「こだわりの中辛」とあるから辛口カレーが好きな人にも満足がいきそうだし、何よりスーパーで手軽に買えるのは最大の魅力。

 

スーパーに置いてあるということは、それだけ需要があるということなのでしょうしね。

 

こちらも先ほどと同じように白崎茶会の炒め玉ねぎを使って作ってみたのですが・・・うーん、不味くはない、というよりもかなり美味しい。

 

イメージ的には「スキー場で食べるカレー」という感じ? 本格的な業務用カレー、もしくはレトルトカレーというか(笑)

 

だけどなんだか物足りない。今一つパンチが足りない。美味しいんだけど、「うちのカレーはもうこれでいい!」と思わせる何かが足りない。

 

その足りないものはいまだにわからないのだけど、まぁ好みの問題なのでしょう。ここに辛さを足したら劇的に美味しくなるというものでもないだろうし。

 

もちろん、数あるカレールーの中ではかなり美味しい部類だと思います。手軽に本格的なカレーが味わえる、優秀なカレーフレークです。

 



しばらくはカレー探しの旅を休息

ということで、これでしばらくは「うちのカレー」が決まりました。

 

「しばらくは」っていうのがミソ。だって・・・いくら美味しくてもさすがにいずれは飽きてくるだろうから。

 

実は、カレーを研究しようと思っていくつか気になったカレー粉を取り寄せていたんです。

 

成城石井のカレー粉は、動物性由来の原料は使っていない、ベジタリアンもOKな優しい味だそう。

 

それから、動物性のものは使っていますが、化学調味料不使用なのがこちら。

 

二つとも早く使ってみたいのですが、あまりにBLACK辛口が好みだったのでなかなかそっちを試せない(^_^;)

 

BLACK辛口の感動がおさまったころ合いを見計らって使ってみようと思います。

関連記事広告

  • この記事を書いた人
kotori

kotori

長男の中学入学と同時にお弁当作りが始まり、今は次男の高校生男子弁当を作っています。冷凍食品を使わずに作る地味ぃなお弁当ワールド。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

-おうちごはん
-,

Copyright© 地味弁当 -男子学生弁当- , 2018 All Rights Reserved.