鮭の味噌漬け焼き弁当と、周回遅れのEDM

 

前にも書いたかもしれませんが、若い男といると自分の知らない世界を知ることが出来ていいですね。

 

若い男 = 息子

 

息子以外の若い男と一緒にいようと思わないけどね。

 

若い男と一緒にいると(息子と暮らしてると言え)、特に音楽の刺激を受けます。
私はわりと・・・いや、かなり保守的な性格なので、これまでは自分が好きなアーティスト以外の曲を聴いてきませんでした。

 

でもアマゾンプライムに入ったことで、「アマゾンミュージック」を聞くようになり、車を買い替えたことでそれらの音楽をBluetoothで聞くようになり。

 

Bluetoothで車のオーディオから好きな音楽を流せるのを一番喜んだのはトート。車に乗るとすぐに自分のスマホやiPodと接続してお気に入りの音楽を流します。

 

それを聞いていると、「ん?この曲いいね。誰?」とか「このアルバムのジャケット、かっこいいね」なんて私が気づいたことを質問。すると、普段はいつも「会話の打ちっぱなし状態」なのに、こと音楽のことに関してはやけに饒舌になるトート。拾う拾う。

 

そんな中で、今音楽の流れが「EDM」ということを知ったし(もうすでに流れは変わったけどねとトート)、ゴリゴリのEDMは好きじゃないけど、軽いEDMなら聞いていて気分も上がるというか。

 

EDM初心者の私が聞いていいなぁと最初に思ったのがDavid Guetta(デヴィットゲッタ)。

 

このグルーヴ感というか、常に閉鎖的な精神状態にいる私(笑)には、広がっていく感がすごく好きだなぁと。

 

で、この間トートが流していた中で、「お!」と思ったのがこのアルバムジャケット。

なんか雰囲気があってカッコイイ。曲もいい感じ♪ すぐにトートに聞くと「ティエストだよ。お母さんのアマゾンミュージックのプレイリストにも入ってたよ」だって。

 

お、おう・・・

 

でも入っていたのは一曲だけだったので、このアルバムをダウンロード。もちろん無料。

 

ここよ。この無料っていうところが、私が保守派の殻を抜け出せた要因。
これまでなら気になった曲は買うかレンタルするしかなかったけど、若者ならともかくこの年になると「別にそこまでしてまで」という気持ちの方が強くなっちゃう。

 

でもアマゾンミュージックは、無料の曲が多いから、私がちょっと興味を持ったくらいの人ならほとんど無料であるんだもの!これはとっても便利。

 

家にいながらにして、お気に入りの曲をその場でスマホに入れられるのだから・・・これまで興味がなかった曲もいろいろ聞けちゃう♪

 

音楽からずいぶん遠ざかっていましたが、ここに来てまた身近になってきました。
楽しい!

 

スポンサーリンク

 

今日の男子学生弁当

鮭の味噌漬け焼き弁当と、周回遅れのEDM

鮭の味噌漬け焼き

ピーマンとハムのナムル

スクランブルエッグとヒラヒラ人参のサラダ

肉豆腐

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ 

 

 

今日のお弁当は鮭の味噌漬け焼き。
鮭の味噌漬け焼き

・・・というか、一応今日のお弁当の主役なのに、なにこの肩身の狭さ(^_^;)

 

困るよね~、焼くと縮むよね~(-_-;)  \そだねー/

 

味噌もきれいに落としてから焼いたんだけど、焦げるよね~  \そだねー/

 

他にこれといったボリュームのある副菜がないだけに、今日のお弁当はトート的にご飯が進まないかも。

 

その代わりと言ってはなんだけど、おやつにピザトーストの下ごしらえをしておいたのでそれでチャラにしてもらおうっと。

 

 

ピーマンとハムのナムル。
ピーマンとハムのナムル

うちのナムルにはニンニクは入れず、「ろく助塩」と白コショウ・ごま油のみの味付け。
今日はハムがあったのでそれも入れました。

 

 

スクランブルエッグとヒラヒラ人参のサラダ。
スクランブルエッグとヒラヒラ人参のサラダ

ヒラヒラ人参は軽く塩でもんで水気を絞っておき、溶いた卵には塩と粉チーズで味付けしてスクランブルエッグに。二つを軽く合えただけ。

 

春のお花畑だね!

 

 

残っていた肉豆腐を慌てて入れてみた。
肉豆腐

 

 

今日のお弁当の出来上がり。
鮭の味噌漬け焼き弁当

【今日のお弁当箱 曲げわっぱ 高背小判弁当箱 漆塗り

 



 

歌って、メロディーが良かったり歌詞に共感したり、アーティストのひととなりも含めてファンになっていました。

 

でもアマゾンプライムを利用するようになってからは、その垣根を一気に飛び越えて「聞いていて心地よい」だけで音楽をチョイスするようになりました。

 

流行に関しては相変わらず周回遅れですが、これからも世の中の音楽の流れを遠巻きに、恐る恐る近づきながら(笑)楽しもうと思います。

 

関連記事広告

  • この記事を書いた人
kotori

kotori

長男の中学入学と同時にお弁当作りが始まり、今は次男の高校生男子弁当を作っています。冷凍食品を使わずに作る地味ぃなお弁当ワールド。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

-
-,

Copyright© 地味弁当 -男子学生弁当- , 2020 All Rights Reserved.