地味弁当 -男子学生弁当-

地味・映えない・加工しない。お弁当のリアルがここにあります

卵のおかず 土井善晴さん

土井善晴さんのだし巻き卵のレシピ

投稿日:

 

土井善晴さんがNHKテレビ「きょうの料理」で紹介していた「だし巻き卵」のレシピです。

 

大阪で卵焼きといえば「だし巻き」です。火加減や返す手順、そのタイミング、いろいろなことを同時に考えながらつくる、なかなかの技あり料理なのだそうです。
(NHKテレビ「きょうの料理」2012年5月10日放送)

 

スポンサーリンク

 

土井善晴さんのだし巻き卵のレシピ

土井善晴さんのだし巻き卵の材料です。

材料(12.5×16.5cmの卵焼き器で1本分)
3コ
だし 75ml
大根おろし 適量
小さじ1/4
サラダ油 適量
しょうゆ

 

 

土井善晴さんのだし巻き卵の作り方です。

作り方
1. ボウルに卵を割りほぐし、塩小さじ1/4、分量のだしを加えて泡立てないように混ぜ合わせる
2. 卵焼き器を中火でしっかりと熱し、サラダ油適量をしみ込ませたガーゼで全体に油を多めに行き渡らせる
3. 【1】の卵液を玉じゃくしに2/3杯ほどすくって流し、表面がプクプクとふくらんできたら、菜箸で突いて空気を抜く
4. 半熟状になったら、向こう側から手前へ返すようにして3つに折りたたむ
5. 向こう側の面に油を塗ってから、焼けた卵を移動させ、手前側にも油を塗る
6. 【3】と同様に卵液を流し、焼けた卵を菜箸で持ち上げて、下にも流し入れる。【4】と同様に折りたたみながら巻き重ねる。卵液がなくなるまで、これを繰り返す
7. 卵焼き器を皿に伏せるようにして盛り、大根おろしを添え、大根おろしにしょうゆをかける

 

 

私はこの卵焼き器を愛用しています。

このレシピのポイント

箸で卵液を少しつけ、ジュッと「おいしそうな音」がする温度を見極める

卵焼き器の温度が高すぎるとくっつきやすく、低すぎると油っぽくなる

 

土井善晴さんのだし巻き卵を使ったお弁当はこちらです。
小林カツ代さんのレシピで男子学生弁当

土井善晴さんのだし巻き卵のレシピのまとめ

だし巻き卵の焼き方は、何度も作って自分なりのコツをつかむしかありませんが、慣れればさほど難しくはありません。多少不格好でも味は美味しいので大丈夫。

 

だし味だけのシンプルなだし巻き卵ですが、焼き立てを出せばご馳走になること間違いありません。冷めてもしっとりと美味しいのでお弁当にも向いています。

関連記事広告

  • この記事を書いた人
kotori

kotori

長男の中学入学と同時にお弁当作りが始まり、今は次男の高校生男子弁当を作っています。冷凍食品を使わずに作る地味ぃなお弁当ワールド。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

-卵のおかず, 土井善晴さん
-, , ,

Copyright© 地味弁当 -男子学生弁当- , 2019 All Rights Reserved.